目安にしておくのも一つの手でしょう

せっかく債務整理を依頼しても、担当弁護士に対する不信感が拭えず、依頼をやめて別のところへ頼みたい場合は、「解任」ということになります。 面倒だからと省略してよその弁護士事務所などに別途依頼すると、介入通知を債権者に二度送...